歯の健康とトータルバランスを
重視した審美治療

審美治療は最近、注目を集めている分野です。白い歯、口元の美しさを彩る歯並びなど、口腔環境の美観を整える治療です。時代の変化と共に、美意識も多様になりました。見た目の第一印象のイメージアップのためにも、特に注目されています。
審美治療は、歯の機能修復だけではありません。例えば「昔治療した銀歯が目立って困っている」「歯並びをよくして笑顔に自信をもちたい」という要望も多くあります。

重要なのは見た目の美しさと機能性を融合させることです。当院では美しさのご要望をかなえる一方、歯のかみやすさなどの機能の向上も目指します。

とだ歯科が考える「6つの審美」

  • 歯の形態

    1カ所の歯の形状で口元のイメージが大きく変わります。入念なカウンセリングで、最適な形状を決めます。

  • 顔貌との調和

    体の中心を走る「正中線」を元にして、バランスを構築します。この線に上下の歯の中心を合わせ、顔と口元のバランスを調和させます。

  • 唇との調和

    笑顔で見える上の歯の縁を線で結んだラインが重要です。緩やかな弧を描けば女性的、水平になれば男性的な印象をそれぞれ与えます。

  • 肌の色

    肌の色も重要です。美しく見えるように色の濃淡・深み・明度・彩度にもこだわり、微調整します。

  • 相対的歯冠長

    黄金比率(1.6、1.0、0.6)に基づき、配列を計算して治療を施します。バランスと整合性を重視した形に仕上げていきます。

  • 歯の配列・位置

    形状や色以外にも口腔内のバランスを考慮し、人工歯の配列や位置の関係性も大切です。

web予約

アクセス

診療時間 9:00~12:00 / 13:30~18:00 休診日 日曜、祝日

※月に1回 第3日曜日に診療を行います。詳しくはお問い合わせください。